提案事例

人協働ロボットを核とした製菓工場の自動化システム

課 題
Task

ある大手菓子メーカーでは、ダンボールに箱詰めした菓子を出荷する工程で、コンベヤからパレットに移す作業を人手で行っていました。自動化し省人化したいという課題を長年抱えていましたが、工場内の作業スペースが手狭で自動化設備を導入するスペース確保は困難。人手に頼らざるを得ない状況でした。
自動化を行う上で、設備コストを上げることなく、生産データやIoTの活用が可能な拡張性の高いシステムを構築したいとの要望がありました。

MOTMAN-HC10DT

人協働ロボットを導入、IoTの先端設備に

手狭なスペースにも導入できる人協働ロボットをご提案。少人数の作業者とロボットや自動化設備が共存することで、作業者の負担減と生産効率化を実現しました。ロボットがパレタイジング作業を行うため、出荷個数もミスなく確実に管理。さらに、i3-Mechatronicsのコンセプトを訴求し、「視える化」や「故障予知」も行えるよう、マシンコントローラとインバータも導入していただきました。

現状と導入後

自動化困難とされた現場の課題を
人協働ロボットが解決

試算改善効果
出荷個数自動管理ライン
作業者
3人→2
取扱製品 お問い合わせ 会社案内